メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

テナント・レプリゼンテーション

Tenant Representation


コリアーズのテナント・レプリゼンテーションチームは、テナント企業の利益を代理して賃貸借契約条件交渉に関する戦略構築と交渉業務を提供いたします。顧客企業のビジネスプランと要望を理解し、当該地の不動産マーケット状況を反映させたご満足頂けるソリューションを提案いたします。

当社が提供するサービスは、テナント・サービスの専門家があらゆる業種のお客様に向けて業界トップ・クラスのクオリティの高いサービスを提供いたします。コリアーズでは、テナント・リプレゼンタティブがお客様の窓口となり取引を担当します。ワークプレイスの戦略的な検証を行い、顧客企業および経営陣の要望を理解してオプション検証と取引を実行します。

コリアーズのテナント・レプリゼンテーションチームは、オフィスリースのプロフェッショナルで構成されております。日本全国の事業用不動産賃貸市場に深い知識を擁するコンサルタントが、生産性向上とコスト合理化を目指します。

また、当社のコンサルタントは、企業のオフィス移転を査定するための専門スキル、豊富な不動産マーケット情報、実行するための先進的なツールを備えています。お客様のニーズを効果的かつ素早く検証し、市場の適正価格を徹底的に調査したうえで交渉業務を行い、お客様が最適な経営判断を行うお手伝いをいたします。

 

 

 

コリアーズのテナント・レップの主なサービス内容

  •  
  • リスクマネジメント
  • 市場動向予測
  • ポートフォリオ・マネジメントと報告業務
  • ポートフォリオ・ベンチマーキング
  • 賃料査定
  • ワークプレイス・イノベーション
  • リース・リストラクチャリング
  • 契約更新時の賃貸借条件交渉
  • 賃貸借契約の条件変更交渉(縮小/増床)
  • 定期建物賃貸借契約の再契約条件交渉
  • 移転
  • オフィス戦略ソリュージョン

 

コリアーズのテナント・レプリゼンテーションの特長

コリアーズは、日本で最初にテナント・レプリゼンテーション業務を導入しました。年間100件以上のプロジェクトを行い、延べ10,000 棟のビルを取り扱って参りました。過去業務で培った経験値は交渉戦略策定にも活かされ、より効果的に交渉を進めることが可能となります。

また不動産市場の変化に伴い、テナント・レプリゼンテーション・サービスの領域は単なる家賃交渉にとどまらなくなりました。コリアーズのテナント・レップチームのプロフェッショナルは、お客様がおかれた現状をしっかりと把握するだけでなく、クライアント企業の描く成長戦略、将来における市場動向の予測に照らし合わせた不動産戦略を立案いたします。

 

  • ステークホルダーにとって最良の判断がくだせるよう意思決定をお手伝いします
  • 市場の動向とトレンドを詳細に分析し、お客様が最適な判断ができるよう支援いたします
  • 顧客企業のビジネス中断を最小限に抑えながら、オフィスの移転または賃貸更新プロセスを目標どおりに実行することを維持するための、潜在的な障害とテナント側が陥りやすい誤った判断ミスなどを事前に特定します。


コリアーズでは事業部門間の透明性が高く、利益相反がないサービスを提供いたします。顧客企業のニーズにもとづき、事業部門を超えた連携体制により包括的なソリュージョンの提供を通じて、お客様の事業を成功に導くお手伝いをします。

 

  • キャピタル・マーケッツ
  • アウトバウンド・サービス(不動産投資仲介/開発コンサルティング)
  • オフィス・リーシング(賃貸仲介)
  • プロジェクト・マネジメント
  • デザイン&ビルド
  • 鑑定&アドバイザリー
  • ホテルズ&ホスピタリティ

 

最新動向&リサーチ・レポート

11 9, 2022

大阪オフィスマーケットレポート 2022年第3四半期(7‐9月期) 大阪中心部・グレードAオフィス

11月9日、「大阪オフィスマーケットレポート|2022年第3四半期(7‐9月期)大阪中心部・グレードAオフィス 」を発表しました。当レポートは、コリアーズ・ジャパンが、大阪市のグレートAオフィスビル※1の賃貸オフィス市況と今後の見通しについて、当社が独自に収集したデータに基づいて分析したものです。
続きを読む
11 2, 2022

東京オフィスマーケットレポート 2022年第3四半期(7‐9月期) 東京主要5区・グレードAオフィス

2022年7〜9月期の東京都心5区の賃貸オフィス市場では、大型の新規供給があったものの、回復傾向にある需要に支えられ、空室率は小幅ながら低下しました。賃料水準は概ね横ばいで推移していますが、2023年には2022年の3倍以上の新規供給が予定されており、円安や物価上昇に伴う景気の不透明感も漂うなかで、短期的には空室率、賃料ともにトレンドの反転は見込みにくい状況です。
続きを読む
View more

サクセス・ストーリー

9 27, 2022

テナントレプリゼンテーション|マネージャー| 池田 友華

人と人とのつながりを大切にし、日々美味しい食探しを楽しむ、テナントレプリゼンテーションのエキスパート、池田 友華をご紹介します。
続きを読む
9 15, 2022

Expert Talks | アジア太平洋地域で注目される投資のチャンス

マクロ経済や地政学的な環境に対するヘッジの取り組みが活発化し、投資家がより高いリターンを求めて長期的な視野に立つようになるにつれ、アジア太平洋地域のオフィス、産業、小売、住宅、ホテルなどの優良不動産に対する需要はより高まり、回復力を増してきています。
続きを読む
View more

お客様の賃貸借物件、ポートフォリオおよび不動産全般に関する課題は何でしょうか? 不動産戦略に関するご相談はコリアーズの専門家にご相談ください。

* 必須フィールド