メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

アジアパシフィック | マーケットスナップショット Q2 2022

レポートをダウンロードする
CMISAPACMarketSnapshotQ222SiteHero1536x1040px

アジア太平洋各地の主要不動産市場は 逆風にもかかわらず堅調な業績を維持

 

2022年8月9日、「アジア太平洋マーケットスナップショット|2022年第2四半期」レポート(概要・和訳版)を発表しました。

このレポートによると、2022年第2四半期、アジア太平洋各地の主要不動産市場は堅調な業績を残しました。これは、国内外の投資家が地政学的、マクロ経済学的な不透明感に直面しながらも長期的な視点で行動したため、商業、工業部門の需要が伸びたことが主な要因です。


アジア太平洋地域の動向と主なレポートのハイライト

オーストラリアでは、海外投資家が市場を席捲し、主要都市 では23億米ドルを上回る取引がありました。

中国の主要都市では、310億人民元(45億6,000万 米ドル)を超える取引がありました。

香港では、商業用不動産の取引額は前期比52% 増となり、174億香港ドル(22億米ドル)に 達しました。

シンガポールでは、年初来の投資額は176億6,200万シン ガポール・ドル(127億9,800万米ドル) となり、2021年の総額の62.4%に達しました。

韓国では、ソウルのオフィスタワーが過去最高の 坪単価(3.3㎡当たり)4,700万韓国ウォン (36,560米ドル)で売却されました。

日本では、東京、横浜、大阪、名古屋を含む主要都市のクロス・ボーダー投資が7億4,100 万米ドルに迫る勢いで回復の兆しとなっ ており、最近の円安を考慮すると、この 額は更に上昇すると見られます。

 詳しくは、 日本語のレポートをダウンロードください。

本レポートの原文は、2022年7月28日付けで発表された「Colliers Asia Pacific Market Snapshot Q2 2022」です。


CMISAPACMarketSnapshotQ222SiteSearch1024x972px

アジアパシフィック | マーケットスナップショット Q2 2022

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

磯 寿量

デピュティマネージングディレクター

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

デピュティ マネージング ディレクターとして、キャピタルマーケット&インベストメントサービス事業の拡大を統括、推進し、日本におけるコリアーズの発展を加速させる。

エキスパートを表示

太田 英輝

エグゼクティブディレクター

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

日本での不動産投資に関心のある国内外の機関投資家、ファンド、富裕層等のお客様に投資戦略立案、投資機会の提案、アンダーライティング、共同投資家アレンジ及びデット資金調達支援、売買実行支援のサービスを行っている。特にクロスボーダー投資案件に強い。彼のチームでは、革新的なソリューションや投資戦略を提案する為に、様々な経歴を持つメンバーを揃えている。また、コリアーズのグローバルなネットワークを駆使して海外投資のサポートも行っている。

エキスパートを表示

川井 康平

ディレクター&ヘッド

Research

東京本社オフィス

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社のリサーチ部門のディレクター兼ヘッドとして、日本のリサーチチームをリードするとともに、クライアントや社内の関係者と密接に連携し、地域全体で当社のサービスを横断する広範な領域において、正確、実践的かつ戦略的なリサーチを主導する。

大学院にて修士号取得後、2004 年に株式会社ザイマックスに入社し、同社の事業の拡大の最前線で不動産に関する幅広い業務領域に従事。2014 年に同社のシンクタンク部門であるザイマックス不動産総合研究所の主任研究員に就任。5 年以上にわたり、主に不動産マーケットデータの分析および社内外への発信に従事したほか、データ分析を所管するチームを率いて、同社グループ各社の事業におけるデータ分析を担い、事業戦略の立案や経営判断に貢献した。

また、2019年から2021年まで、東京大学空間情報科学研究センター協力研究員を兼任し、多数の学術的な研究プロジェクトにも参画した。

リサーチ以外での経験として、不動産の管理運営、開発プロジェクト、投資運用の実務担当者、マネジャーとして 10 年以上の経験を有する。オフィスビルのオーナーや金融機関に対する資産有効活用コンサルティング、郊外型ショッピングセンターおよび都市型商業ビルの開発プロジェクトマネジメント、私募ファンドのアセットマネジメントおよびディスポジション、海外機関投資家からの国内ファンドへの投資誘致などの実務を経験し、不動産関連の幅広いバックグラウンドを有している。

エキスパートを表示