メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米国オフィス市場 トップ50

レポートをダウンロードする
TOP50

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

米国のオフィス市場は重大な岐路に立たされています。2年近く続いたパンデミックによる調整から、安定化の兆しが見えてきています。本レポートでは、米国の主要な50のオフィス市場の現在の経済および不動産動向を評価し、2022年の見通しを示す前に、米国の状況と見通しを検討しました。

特に入居者の視点から、各市場が直面している機会と課題に注目しています。さらに、各市場が現在のオフィスサイクルの中でどのような位置づけにあるのかも明らかにしています。各地域のトレンドは、まだ衰退しているのか、安定しているのか、それとも回復の兆しが見えているのか、についてのレポートです。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、4月5日付けで発表された「Top 50 U.S. Office Markets」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


TOP50

米国オフィス市場 トップ50

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示