メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米NY マンハッタンオフィスレポート 2021年 第4四半期

レポートをダウンロードする
manhattan 21Q4

コリアーズのUSから発表されたレポートです。

マンハッタン オフィス レポート

  • 863万平方フィートと、マンハッタンでは2019年後半以来の好調な四半期となりました。
  • 通年のリース量(2496万平方フィート)は前年比31.6%増で、2013年以降で最も強い伸びとなりました。ただし、マンハッタンの2021年のリース量は、パンデミック前の2019年のリース量(4297万平方フィート)をまだ41.9%下回っています。
  • 空室率は0.5ポイント拡大し、17.3%と過去最高を更新しました。マンハッタンの供給可能面積は2020年3月以降72.2%増加し、合計9,271万平方フィートとなりました。
  • マンハッタンのサブレット供給可能面積は2021年第4四半期に138万平方フィート縮小し、3四半期連続でサブレット供給量が純減するとともに、2015年以来最大の四半期減少幅となりました。
  • マンハッタンの平均募集賃料は2021年第4四半期に3.1%上昇し75.00ドル/SFとなりましたが、これは主に新築/大規模改修やその他のAクラス商品で平均価格を上回る大型(10万SF以上)のスペースが複数ブロック追加されたことが要因です。

本レポートの原文は、1月12日付けで発表された「NY Q4 2021 Manhattan Office Market Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


manhattan 21Q4

米NY マンハッタンオフィスレポート 2021年 第4四半期

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示