メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米国 ライフサイエンス向け不動産レポート 2022 2月

レポートをダウンロードする
LifeScience 22Q1

コリアーズの米国で発表された全米のライフサイエンス不動産市場レポート

ベンチャーキャピタルの記録的な資金が、画期的な発見と宇宙の必要性を後押ししています。

ライフサイエンス業界は記録的な活況を呈しています。ベンチャーキャピタル(VC)は、初期・中期・後期段階の企業に歴史的なペースで資金を投入し続けています。米国国立衛生研究所(NIH)の資金は2022年度にも増加することが決まっており、IPOの数はかつてないほど増えています。また、大手製薬会社は有望な治療法に投資しており、さらに火に油を注いでいます。その結果、ベンチャーキャピタルの資金調達と投資のサイクルは急増し、これらの企業のスケールアップの必要性は今後も続くでしょう。ボストンやサンフランシスコ湾岸地域を筆頭に、全米屈指のライフサイエンス拠点がその恩恵を受けています。PitchBookのデータによると、これらの地域は全VCディールの60%近くを獲得しており、フィラデルフィアやサンディエゴなどの他の既存市場も多大なディールフローを集めています。ローリー・ダーラム、ニューヨーク、シアトルなどの成長中のクラスターも同様です。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、2月14日付けで発表された「2022 Q1 U.S. Life Sciences Market Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


LifeScience 22Q1

米国 ライフサイエンス向け不動産レポート 2022 2月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示