メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

機関投資家の関心により、STNLの売買は急上昇

レポートをダウンロードする
STNL

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

米国資本市場レポート|シングルテナント・ネットリース、2021年下期レビュー

シングルテナント・ネットリース(STNL)分野のビジネスが活況を呈しています。国内プレーヤーから海外プレーヤーまで、STNLをポートフォリオに加える投資家が相次いでいます。

2021年、下半期の販売量は640億ドルを押し、同時期の2019年の数字を40%近く上回りました。また、昨年は1000億ドル近いシングルテナントとネットリースの取引が完了し、新記録を達成しました。

 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月7日付けで発表された「Institutional Interest Sends STNL Sales Sky High」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


STNL

機関投資家の関心により、STNLの売買は急上昇

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示