メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2021年の米国産業用不動産市場、今年も過去最高を記録

レポートをダウンロードする
Industrial 2 2022

コリアーズの米国で発表された全米の産業用不動産市場レポートです。

米国調査レポート|2021年第4四半期 産業用不動産市場の見通し

米国の産業部門は、強力な産業ファンダメンタルズにより、堅調な吸収と開発が維持され、空室率は過去最低、募集賃料は過去最高を記録し、2021年に最も成功した年となりました。ダラス・フォートワース、アトランタ、インランド・エンパイア、シカゴの中核市場に牽引され、他の商業不動産セクターにも影響を与えている労働やサプライチェーン関連の課題にもかかわらず、米国産業市場は例外的に好調を維持しています。

 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月1日付けで発表された「U.S. Industrial Market Achieved Another Record Year in 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Industrial 2 2022

2021年の米国産業用不動産市場、今年も過去最高を記録

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示