メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

進化と革新︓米国フレキシブル ワークスペースレポート 2022

レポートをダウンロードする
WFA2201

コリアーズのUSから発表されたレポートです。

米国リサーチレポート|オキュパイアサービス
2021年はフレキシブル・ワークスペース部門にとって過渡期の年でした。フレックスの在庫は全体的に縮小したが、家主や入居者の戦略における重要な要素として、フレキシブルワークスペースの重要性が高まっていることが注目されるようになりました。

本レポートでは、フレキシブルワークスペースセクターがユーザーのニーズをさらに満たすために進化を続ける中で、今後1年間に支持されると予想されるいくつかのテーマを挙げています。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、1月25日付けで発表された「Evolution & Innovation: The Flexible Workspace Report 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


WFA2201

進化と革新︓米国フレキシブル ワークスペースレポート 2022

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示