メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2022年に注目すべき 米国の新興産業市場10選

レポートをダウンロードする
US emarging industrial 3_2022

コリアーズの米国で発表された全米の産業用不動産についてのレポートです。

米国の産業市場は2021年に記録を塗り替え、稼働率、賃貸率、建設活動において記録的な上昇を見せ、1年を締めくくりました。この間、全米の中核市場は繁栄し、数百万平方フィートの産業用不動産を建設・吸収してきました。2022年も、需要と建設活動が過去最高となり、好調な1年となりそうです。しかし、投資家と産業用不動産の利用者の双方にとって、大きなビジネスチャンスが残されています。

本レポートで取り上げる全国の新興産業市場は、投資家には利回り向上の機会を、入居者には事業拡大の機会を提供します。本レポートでは、この成長の恩恵を受けるのに最も適した10市場を詳細に分析し、その地域の人口と労働人口統計、物流の優位性、これらの市場の特徴に関する内部事情、来年の産業ファンダメンタルズの予測について解説します。
 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月9日付けで発表された「10 Emerging U.S. Industrial Markets to Watch in 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


US emarging industrial 3_2022

2022年に注目すべき 米国の新興産業市場10選

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示