メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

明瞭さと新しい現実:2022年の全米商業用不動産の見通し

レポートをダウンロードする
USCRE2022

コリアーズの米国で発表された全米の商業用不動産市場の見通しについてのレポートです。

COVID-19、インフレ、金利上昇などの懸念は残るものの、今年は商業用不動産(CRE)の入居者や投資家の旺盛な需要が予想されます。第1四半期は、オミクロンの急速な拡散により経済成長が抑制される一方、サービス業の回復により、未曾有の財政出動により非常に好調だった今年の経済を支える大きな追い風が吹くと思われます。

マルチファミリー住宅と産業部門は引き続き好調を維持し、健康状態の改善が待望のオフィス回帰に拍車をかけると思われます。投資活動も引き続き堅調に推移するものと思われます。最後に、小売セクターの投資は、私たちがより普通の生活に戻るにつれて新たな勢いを増すでしょう。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月2日付けで発表された「Clarity and the New Reality: Commercial Real Estate Outlook for 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


USCRE2022

明瞭さと新しい現実:2022年の全米商業用不動産の見通し

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示