メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米 注目されるオルタナティブ・アセット

レポートをダウンロードする
Alternative 2022

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

投資家が投資ポートフォリオにアルファ値を求める中、オルタナティブ資産クラスは魅力的な資金調達先であることが証明されています。

昨年、投資家は8,750億ドル近くを主要な資産クラスとその小規模な代替資産に投入しました。それでもなお、記録的な量の未投 資資金が投入されるのを待っています。金利上昇、インフレ、地政学的な不確実性、金融引き締め、景気後退への懸念が、第2四半期の投資活動を鈍化させました。一方、価格指標は再調整され、すべての資産クラスで下落圧力がかかっています。立地が良く、品質が良く、テナントがしっかり入っている物件は、影響を最小限にとどめることができます。インフレヘッジと安定した収入源としての不動産の位置づけと、その歴史的安定性は、依然として投資家にとって魅力的なものです。

投資ポートフォリオでは、オルタナティブ・アセットが注目されています。一戸建て賃貸(SFR)、ライフサイエンス、データセンター、学生向け住宅、セルフストレージは、幅広い人口動向、資本配分の増加、そして今や機関投資家の資産クラスとして明確に認識されるようになったことから、利益を得ています。これらの商品には、運用のノウハウと理解がさらに必要です。プライベート・エクイティ、年金、政府系ファンド、保険会社、ファミリー・オフィスなどが、これらのアセットタイプを購入リストに入れています。必要な専門知識を持つオーナーは、国内各地で資本を調達し、エクイティ・ソースと提携しています。

投資家が投資ポートフォリオにアルファ値を求める中、オルタナティブ資産クラスは魅力的な資金調達先であることが証明されています。その多くは成熟の初期段階にあり、卓越したリターンを得るチャンスがあることを示唆している。本レポートでは、各アセットクラスについて、その展望と主要なトレンドについて述べます。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月26日付けで発表された「Alternative Assets Steal the Spotlight」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Alternative 2022

米 注目されるオルタナティブ・アセット

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示