メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国 不動産スナップショット 2022年7月

レポートをダウンロードする
Snapshot 7_2022

コリアーズの英国で発表されたレポートです。

MSCIやその他の不動産情報源から入手可能な最新のデータによると、英国の商業用不動産市場は驚くほど安定しています。

これとは対照的に、逸話的なデータでは、市場が著しく減速していることが示唆されています。これは夏休みというより、世界経済の逆風、サプライチェーンの途絶、生活費の危機(インフレ)と関係があります。
とりわけ、英国の景気後退のリスクが高まる中で、金融引き締め政策による投資家の不確実性が、意思決定を鈍らせている。市場は8月4日のイングランド銀行の次の利上げ決定と英国の政治指導者交代の結果を待っているため、短中期のリスクは明らかに下降に傾いています。

今月のスナップショットの主なハイライトは以下の通りです。
・2022年上半期の投資量は長期平均を15%上回る。
・利回りは様々なセクターで安定またはわずかに軟化している。
・2022年第2四半期のロンドンオフィス取得件数は長期平均を20%上回る。

詳細は7月の英国不動産スナップショットでご確認ください。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月21日付けで発表された「UK Property Snapshot July 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


Snapshot 7_2022

英国 不動産スナップショット 2022年7月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示