メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国 不動産スナップショット 2022年6月

レポートをダウンロードする
snap6_22

コリアーズの英国で発表されたレポートです。

4月と5月に活動が鈍化したものの、今年に入ってからの投資額は平均を10%以上上回っています。

利回りは「すべての不動産」レベルで圧縮し続けていますが、一部の市場では安定が見え始めています。インフレ率、英国債(ギルト)、イングランド銀行の基準金利は、いずれも数年来の高水準にあります。

・6月版スナップショットの主なハイライトは以下の通りです。
・オフィスへの投資額は依然として10億ポンドを下回っていますが、一部の大型物件は現在募集中です。
・工業用倉庫への旺盛な入居者需要。
・住宅価格の伸びは引き続き2桁台。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、6月16日付けで発表された「UK Property Snapshot Report | June 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


snap6_22

英国 不動産スナップショット 2022年6月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示