メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国不動産見通し 2022年

レポートをダウンロードする
UK forecast 2022

コリアーズの英国で発表されたレポートです。

商業用不動産セクターの 2022 年度の予測には、ビジネス界全体のシニアオピニオンの調査が含まれています。

・GDPは回復を続けるが、長引くパンデミックへの懸念、国際・国内政治不安の増大、インフレ、予測不能な世界金融政策の対応に関連した企業や消費者の不確実性により、第1四半期は期待外れとなるでしょう。
・投資額は、海外バイヤーの買い控えとパンデミックによる売り手の買い控えにより、650億ポンドに達する見込みです。堅調な入居者需要と賃料動向は、引き続き多様な投資家を惹きつけると思われます。利回りは安定的に推移し、すべてのプライム・セグメントでさらに低下すると思われます。
・2022年のオフィス稼働率は75%が標準となり、企業の在庫調整が進むでしょう。 産業用地の取得は、電子商取引事業者が牽引し、3年連続で4,000万平方フィートを超えると予想されます。小売店舗に対する需要は、特に通勤に便利な一等地の大通りで旺盛になると思われます。
・企業がネットゼロに殺到することで、すべての市場が根本的に変化し、非準拠の資産が「取り残される」リスクが高まると予想されます。 金融機関は、ESG/MEESの信頼性に欠ける小規模な資産を売却し、投資家が取得、改修、再貸付を行うための市場を提供します。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、1月7日付けで発表された「UK Forecasts for 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 

UK forecast 2022

英国不動産見通し 2022年

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示