メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米 ワシントンDC オフィス市場 レポート

レポートをダウンロードする
WashingtonDC office 2021Q3

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

地区では、当四半期の需要は横ばいとなり、年初から改善されました。Kastleの「Back to Work Barometer」によると、2022年第2四半期の従業員稼働率は、数ヶ月間伸びた後、約41%で停滞しました。成約案件数は引き続き堅調に推移しました。当四半期には、司法省が555 4th Street NWで新規にリースし、Bank of Americaが1800 K Street NWで更新・拡張し、10万平方フィート以上の契約が2件成約しました。また、1万平方フィート以上の契約は38件で、第1四半期の40件、2021年の四半期ごとの平均は30件強でした。第2四半期に成約した注目すべき民間企業のリースは、Bank of America、FHI 360、Psychiatric Institute of Washingtonなどです。

 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月6日付けで発表された「Washington DC Office Report Q2 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


WashingtonDC office 2021Q3

米 ワシントンDC オフィス市場 レポート

レポートをダウンロードする