メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米 マンハッタン オフィス市場レポート

レポートをダウンロードする
manhattan 21Q4

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

2022年第2四半期のマンハッタンオフィスリーシングボリュームは、3.9%減の732万平方フィートとなりました。しかし、2022年上半期(H1)のリース活動は1495万平方フィートとなり、2021年同期の911万平方フィートと比較して64.2%増加しました。

・マンハッタンの2022年第2四半期の稼働率は17.2%で、前期から0.1pp(%ポイント)低下しましたが、前年同期比では0.2pp上昇しました。
・マンハッタンの2022年第2四半期の純吸収量は53万平方フィートでプラスとなりました。
・マンハッタンの平均募集賃料は、3四半期連続で0.7%上昇し、75.61ドル/SFとなりました。マンハッタンでは2019年以降、四半期ごとの募集賃料の上昇が最長連続となりました。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月5日付けで発表された「NYC Q2 2022 Manhattan Office Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


manhattan 21Q4

米 マンハッタン オフィス市場レポート

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示