メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米NYC 建設レポート 2022年上半期

レポートをダウンロードする
Manhattan construction21Q4

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

2022年上半期にマンハッタンオフィス市場全体で2010年以降の新築物件のリース活動(リース面積15,000平方フィート以上)が106万平方フィートありました。

・注目すべき取引は、66 Hudson BoulevardにおけるHSBCの264,000平方フィートの新規リース、2 Manhattan WestにおけるClifford Chanceの145,000平方フィートの新規リース、66 Hudson BoulevardにおけるTurner Constructionの87,000平方フィート拡張工事などです。
・2022年上半期の新築物件の取引量は、ミッドタウン・サウスが75.0%近くを占めました。そのほとんどはHudson Yards/Manhattan Westのサブマーケットで行われました。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月5日付けで発表された「NYC H1 2022 Manhattan Construction Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Manhattan Constr Q2 2022

米NYC 建設レポート 2022年上半期

レポートをダウンロードする