メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米ボストン オフィス市場 レポート 2022年Q2

レポートをダウンロードする
Boston Office Q2 2022

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

主要なポイント
・ボストン都市圏のオフィス空室率は1年ぶりに上昇し、第22四半期は15.9%で終了しました。
・高品質なオフィスに対するテナントの需要が、新築物件の好調なプレリーシングを後押ししています。
・ライフサイエンス分野への転換が、都市圏のファンダメンタルズに好影響を与えている。

高インフレ、金利上昇、株価下落などのマクロ経済要因が地域経済に影響を及ぼしています。このような背景から、ボストン都市圏の第2四半期は、1年ぶりに純吸収量がマイナスとなり、空室率は上昇しました。逆風にもかかわらず、年央の空室率は15.9%と、依然として同地域の過去の平均を下回っています。
稼働率に最も影響を与えたのはボストンで、大量のサブリーススペースが市場に投入されました。企業がより質の高いスペースを好むようになったため、ボストンではBクラスが最も大きな影響を受けています。ボストンのBクラスの空室率は過去最高水準に達しています。しかし、ボストンでは400万平方フィート以上のスペースを求めているテナントがいるため、空きスペースを埋めるチャンスはあります。第22四半期は、ケンブリッジと郊外ともに入居面積が増加しました。オフィスからラボへの転換が、メトロ全域でオフィス市場のファンダメンタルズを強化しています。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月14日付けで発表された「22Q2 Boston Office Market Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Boston Office Q2 2022

米ボストン オフィス市場 レポート 2022年Q2

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示