メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米フィラデルフィアのバイオマニュファクチャリング

レポートをダウンロードする
Phil Biomanufacturing

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

フィラデルフィアのライフサイエンス分野の急成長は、次のような重要な見出しを生み出しています。

- Kymriah(初のCAR-T遺伝子治療)の開発(Penn/CHOP/Novartis)およびFDA承認

- Luxturnaの開発(CHOP/Spark)とFDA承認(初のin vivo遺伝子治療)。

- RocheによるスSpark Therapeuticsの42億ドルでの買収

- Iovance、Amicusのフィラデルフィアへの移転

最近、Sparkが5億7500万ドルを投じてフィラデルフィアに網膜疾患、血友病、神経筋疾患の遺伝子治療薬の製造施設を建設する計画が発表されました。フィラデルフィアで何が起こるかを示すものとして、Sparkの新しいバイオ製造施設は、Rocheのすべての遺伝子治療薬の製造拠点として機能することになります。これは、フィラデルフィアが主要な生物学的製剤の製造拠点として台頭してきたことを示す、全く新しい見出しの最初のものであると思われます。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月22日付けで発表された「Why Philadelphia Will Be a Leading City for Life Sciences Biomanufacturing」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 

 


Phil Biomanufacturing

米フィラデルフィアのバイオマニュファクチャリング

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示