メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

グローバル 不動産インサイト キャピタルマーケット 2022年6月

レポートをダウンロードする
Global Insight 6_2022

コリアーズの英国(欧州)で発表されたレポートです。

本レポートでは、インフレと金利上昇が世界市場に与える影響、資産動向、今後のビジネスチャンスなどについて、最新のグローバル不動産に関する洞察をご紹介します。

本レポートの主なハイライトは以下の通りです。

・ウクライナ戦争は地政学的リスクを増大させ、商品・エネルギー価格に影響を与え続けている。APACの一部の地域では封鎖が解かれつつあるが、中国の一部地域ではゼロ・コヴィッド政策の厳格な遵守により、封鎖が続くと見られる。このため、インフレ圧力が高まり、2022年と2023年の経済見通しと、金利が長期的な水準に戻ることに影響を及ぼしている。
市場の利回りやキャップレートは、金利の変化を踏まえて再測定されていますが、その割合は場所やセクターによって異なります。
・為替レートの変動により、今後6-12ヶ月の間に金利が安定するまで、クロスボーダーでの買い付け活動は後手に回る可能性があります。
・さらに、欧州では新たな規制が導入され、企業のESGに関する申告・報告方法の標準化が進み、資産の脱炭素化へ向けた動きが加速しています。これは、複雑な取引環境において、さらなる流動性と機会を生み出しています。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、6月7日付けで発表された「Global Capital Markets Insights Report - June 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


Global Insight 6_2022

グローバル 不動産インサイト キャピタルマーケット 2022年6月

レポートをダウンロードする