メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

EMEA キャピタルマーケット スナップショット 2022年 Q1

レポートをダウンロードする
office 4 2022

コリアーズの英国(欧州)で発表されたレポートです。

2022年第1四半期は、ロシアのウクライナ侵攻により壊滅的な衝撃を受けたが、市場の回復力と歴史的に高い水準のドライパウダーが、欧州・中東・アフリカ(EMEA)の商業用不動産(CRE)への投資家の関心を引き続き支えた。

当社の2022年第1四半期資本市場スナップショットによると、第1四半期の商業用不動産に対する投資家の関心は、パンデミックから引き続き回復しており、多くの投資家が不動産を物価上昇に対するヘッジとして見ていることがわかります。第1四半期の暫定値では、取引量が2021年同四半期から5%増加し、12ヶ月累計の取引量は7%増加したことが示されています。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。

本レポートの原文は、4月21日付けで発表された「EMEA Capital Markets Snapshot | Q1 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 

 

 


office 4 2022

EMEA キャピタルマーケット スナップショット 2022年 Q1

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示