メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

EMEA Flexpansion 5 2022

レポートをダウンロードする
Expansion5_2022

コリアーズの英国(欧州)で発表されたレポートです。

コリアーズは、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)の36の市場を分析した最新レポート「Flexpansion 2021」で、入居者はフレキシブルオフィススペースの立地選択の増加や仕様の充実を期待できると予測しています。フレキシブルワークスペースに対する入居者の需要が増え続ける中、より多くの事業者が市場シェアを争っており、強化されたコンセプトとより質の高い製品によって、入居者の選択肢と柔軟性を高めるための提案を適応させています。より多くの製品が開発されれば、フレキシブルワークスペースプロバイダーはより良い施設を提供できるようになり、施設を差別化して入居者を引きつけることができるようになります。これは、いくつかの成長トレンドの一つに過ぎません。詳細については、以下のレポートをダウンロードしてご覧ください。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。

本レポートの原文は、5月4日付けで発表された「Flexpansion 2021 | May 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示