メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

EMEA キャピタルマーケット スナップショット Q2 2022

レポートをダウンロードする
EMEA CM Snapshot Q2 2022

コリアーズの英国で発表されたレポートです。

EMEA Q2 2022 Capital Markets Snapshotで報告したように、経済の不確実性は欧州の商業用不動産市場の投資活動に影響を与え始めています。第2四半期の評価では、特定のセクターやサブマーケットへの投資意欲が継続する中で、何らかの影響を受けるという予測は大きく異なることも示唆されています。

成長予測の低下、急激な物価上昇、金融引き締め、ロシアのウクライナ戦争継続により、一部の主要市場の投資家は様子見姿勢を強めています。投資需要の軟化は、2022年第2四半期には、ほとんどの資産クラスにおいて、特に市場のコア・エンドで感じられました。しかし、COVID-19の規制がほぼ終了したことで、レジャー旅行のブームが起こり、特に南欧の観光ホットスポットでホテルやホスピタリティ部門に関心が戻りつつあります。2022年後半は不透明感が続くと予想されますが、投資家が価値を見出そうとするため、特定のセクターやサブマーケットに明るい兆しが見られるようになると思われます。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、7月21日付けで発表された「EMEA Capital Markets Snapshot | Q2 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。



EMEA CM Snapshot Q2 2022

EMEA キャピタルマーケット スナップショット Q2 2022

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示