メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2022年 米ヘルスケア市場について

レポートをダウンロードする
Healthcare 4_2022

コリアーズの米国で発表されたレポートです。

 

COVID-19の混乱にもかかわらず、医療オフィスのファンダメンタルズは強化される

医療オフィスセクターは、2021年の募集賃料、販売量、価格設定において過去最高を更新し、好調を持続しています。需要が供給を上回り、空室はタイトな状態が続き、キャップレートは圧縮されています。開発活動も活発化しており、このセクターに対する信頼感を反映しています。

COVID-19がヘルスケア業界や社会一般に影響を与え続けていることを考えると、この業績は特に印象的です。今後1年間、ヘルスケア業界が直面するいくつかの重要なテーマについて考えてみました。

・COVID-19 :パンデミックに対する連邦政府の継続的な対応とその今後の方向性。
・人材不足:医療従事者の燃え尽き症候群が蔓延し、離職者が増加している。
・サプライチェーンの課題 :ボトルネックと不足が続いており、ロシアとウクライナの紛争が状況を悪化させる可能性がある。
・テレヘルス :パンデミック後の遠隔医療サービスはどのように変化するのか、また連邦政府の助成は継続されるのか?
・デジタルヘルス: ベンチャーキャピタル(VC)の資金調達は新記録を更新し続けている。今後、どのようなイノベーションが考えられるか?
・経済:記録的なインフレは医療業界の主要なステークホルダーにどのような影響を与えるか?
・政策の見通し: 国家非常事態はいつまで続くのか、また、非常事態が終了した場合の影響は?

レポートでは、まず2021年をCOVID-19の影響とヘルスケア不動産、特に医療用オフィスビルのパフォーマンスの両面から検証した後、これらの各課題について詳しく解説しています。

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。
本レポートの原文は、3月30日付けで発表された「2022 Healthcare Marketplace」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


Healthcare 4_2022

2022年 米ヘルスケア市場について

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示