メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国 ロンドン オフィス スナップショット 2022年4月

レポートをダウンロードする
office 4 2022

コリアーズの英国で発表されたレポートです。

2022年第1四半期のロンドンオフィス市場に関する洞察をまとめた、4月のロンドンオフィススナップショットを公開しました。

ハイライトは以下の通りです。
・取引状況は一貫しているが、春先の期待値が十分に発揮されない可能性がある。
・3月の取引は、特にウエストエンドの中核市場で大幅に減速したため、第2四半期の取引需要は平均を下回る可能性がある。
・品質に対する需要は持続しており、ロンドンの投機的パイプラインは今後18ヶ月間制約されるため、クラス最高の物件を求める競争が繰り広げられるだろう。
・その結果、コアロケーションではトップレントの上昇が始まっているが、平均賃料は引き続き横ばいとなる可能性がある。
・予想通り、第1四半期の投資活動は非常に活発で、第2四半期も堅調に推移すると思われる。

 

詳しくは、レポートをダウンロードしてご覧ください。

本レポートの原文は、4月28日付けで発表された「London Offices Snapshot April 2022」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


office 4 2022

英国 ロンドン オフィス スナップショット 2022年4月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示