メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国不動産市場アップデート 2021年9月

レポートをダウンロードする
UK snapsho9_2021

コリアーズ・インターナショナルの英国で発表された不動産投資市場と入居者市場について

英国不動産市場アップデート 2021年9月

夏の間、経済および商業用不動産の活動は比較的穏やかでした。

7月のGDPは前月比0.1%増にとどまり、8月のCRE投資額は24億ポンドと減速した。とはいえ、累計では2020年比で35%増、さらに言えば2019年比で6%増のボリュームとなっている。9月23日に開催されるMPCでは、イングランド銀行がいつ利上げを行うかについて、さらなる洞察が得られることを期待しています。

今月のスナップショットでは、以下の点を紹介します。
年初来の投資額は2020年と2019年の両方の水準を上回る
さらなるイールドコンプレッションが明らかに
2021年の産業用地の取得は過去最高になる可能性がある

本レポートの原文は、9月16日付けで発表された「UK Property Snapshot 2021 September」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


UK snapsho9_2021

英国不動産市場アップデート 2021年9月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示