メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米国の港湾産業用不動産市場について 2021年

レポートをダウンロードする
2021SeaportsOutlookHero11536x1040

コリアーズ・インターナショナルの米国で発表された港湾産業用不動産市場について

米国の主要港湾施設と産業用不動産についてのレポート

港湾施設は、消費者に商品を届け、輸出品を海外に出荷し、何百万人もの雇用を支える、米国の重要な経済エンジンです。米国は世界の総消費量の26%以上を占めていると言われており、海洋貨物産業は経済成長に欠かせないものとなっています。そのため、各港を通過する貨物の量は、産業用不動産の需要と直接的な相関関係があります。2020年には、COVID-19のパンデミック、主要港の混雑、通過する貨物の流入による米国の港の遅延などの課題がありましたが、国内の主要な港湾はいずれも堅調な業績を記録しました。このレポートでは、米国の上位9港の現状を確認し、コンテナ量のファンダメンタルズを牽引する要因を探り、2021年以降の残りの期間の見通しを示します。

本レポートの原文は、8月10日付けで発表された「US Seaports Outlook Report」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


2021SeaportsOutlookHero11536x1040

米国の港湾産業用不動産市場について 2021年

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示