メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米国 ライフサイエンス向け不動産レポート

レポートをダウンロードする
Life Science 2021

コリアーズ・インターナショナルの米国で発表された全米のライフサイエンス不動産市場レポート

ワクチンが注目される中、ライフサイエンスに関心が集まる

COVID-19パンデミックやその対策として行われているワクチンの普及により、公的および民間の資金援助が増加していることから、ライフサイエンス分野では開発者と投資家の両方からの関心が大きく高まっています。さらに、遺伝子治療を含む先端治療薬(ATMP)科学の急速な発展に伴い、初期および中期のバイオテック企業から研究室や製造スペースの需要が高まっています。
重要なリースデータである空室率や純吸収率も、厳しいオフィス市場と比較して良好であり、このセクターにはさらなる好機が訪れていることを示唆しています。本レポートでは、このようなトレンドの要因を分析するとともに、米国内の12の主要および新興のライフサイエンスクラスターを順に詳しく見てきます。

 

本レポートの原文は、4月6日付けで発表された「Life Science Market Report Q1 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


Life Science 2021

米国 ライフサイエンス向け不動産レポート

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示