メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米ボストンのライフサイエンス・ラボ 不動産レポート 2021年Q2

レポートをダウンロードする
Boston Labo July2021

コリアーズ・インターナショナルの米国で発表されたボストンのラボ不動産市場レポート

 

ボストン

ラボへのコンバージョンが従来のオフィス物件を奪っています。地上階の開発は人気を博し、強い関心を集めています。賃貸は引き続き好調で、空室率は低下しています。

ケンブリッジ

East Cambridge は満室で家賃も高騰しています。Alewifeは、今やライフサイエンスの中心地となっており、今後も開発が予定されています。BioMed社の大規模な投資は、Cambridgeにおけるラボ物件の魅力と価値をさらに高めています。

郊外

Somervilleは開発目標です。Watertownは活況を呈しており、その成長は始まったばかりです。郊外ではGMPの需要が急増しており、多くのコミュニティの成長を支えています。

 

本レポートの原文は、7月26日付けで発表された「Boston Lab Market Report 21 Q2」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


Boston Labo July2021

米ボストンのライフサイエンス・ラボ 不動産レポート 2021年Q2

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示