メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

英国 eコマースの成長と物流

レポートをダウンロードする
ecommercelogistics

コリアーズ・インターナショナルの英国が発表したレポートです。

政府の投資、持続可能性、ESGアジェンダの観点から、電子商取引の増加とその物流要件を概説しています。

電子商取引の増加に対応することは、資本主義の基本的かつ定着した特徴である消費主義の継続的な成長に対応することにつながります。電子商取引は、拡大するパイの中でシェアを拡大しています。

現在のトレンドを外挿すると、既存の電子商取引のビジネスモデルに対応するために、2030年までに1億平方フィート以上の新しい倉庫スペースが必要になると考えられます。

また、既存のeコマースモデルでは、サプライチェーンを支えるために、今後5年間でさらに3万8,000台、今後10年間で7万6,000台のHGVが必要になると考えられます。イノベーションと効果的な規制がなければ、脱炭素化と政府の炭素排出量の公約に反することになります。

ラストワンマイルの配送は重要であり、最も注目されているかもしれませんが、ファーストワンマイルの配送は、英国の地域開発と「平準化」の文脈で考慮しなければならない、港湾および複合輸送インフラへの大規模な投資を必要とする、全く別の次元の存在問題です。

 

本レポートの原文は、11月19日付けで発表された「UK Clicks & Consequences - accommodating the rise of e-commerce」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


ecommercelogistics

英国 eコマースの成長と物流

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示