メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

米 Washington DC Office Report Q3 2021

レポートをダウンロードする
WashingtonDC office 2021Q3

コリアーズ・インターナショナルのアメリカが発表したレポートです。

現在進行中の変種(デルタ株)によるCOVID-19の増加に伴い、ディストリクトの不動産市場の見通しが再び不透明になってきました。ほとんどの地元企業は、レイバー・デーに全員が仕事に戻ることを目標にしていましたが、その後、多くのテナントが本格的な物理的オフィスの復帰を未決定のまま延期しました。このような問題があったにもかかわらず、第2四半期の活発な取引を受けて、ディストリクトでの取引は好調でした。第3四半期には、10万平方フィート以上の案件が2件契約されましたが、1800 G Street NWの米国退役軍人省(US Department of Veterans Affairs)の更新が最大規模でした。民間企業は勢いを維持しており、1900 K Street NWのDentonsによる126,876平方フィートの更新を筆頭に、上位10件のうち7件が契約されました。

供給と需要
第2四半期はビルの引渡しが少なかったため、第3四半期もその傾向が続き、新規ビルの引渡しはありませんでした。一方、5年前の四半期平均では、1四半期あたり50万平方フィート強のビルが竣工しています。累計では、2021 年は四半期あたり平均 152,300 平方フィート、2020 年は四半期あたり平均 359,738 平方フィートの引渡しされました。建設中の物件は320万平方フィートにとどまりました。この中には、Capitol HillのサブマーケットにあるSignal HouseやEast EndのHistoric National Bank of Washingtonのオフィスコンバージョンなどが含まれており、いずれも第4四半期に引渡しが予定されています。また、SECが新本社ビルをDouglas Development社に発注し、同機関が60 New York Avenue NEにFinancial Plazaを建設することも注目されました。SECは、新本社への移転は早くても2025年になると表明しています。

最近、ディールベロシティは増加していますが、需要は6四半期連続でマイナスとなっています。第3四半期の需要はマイナス442,217平方フィートで、通年の純吸収量はマイナス270万平方フィートとなりました。依然としてマイナスではありますが、四半期ごとに平均110万平方フィートのマイナスであった上半期よりは改善しています。テナントがスペースのニーズを評価し始め、ツアーベロシティが増加したことは心強いことですが、COVID-19の亜種は完全な回復に不可欠な長期的な意思決定を妨げ続けています。

賃貸料
過去3四半期に見られた全体的な募集賃料の減少傾向は今期で終わり、フルサービスで56.22ドルを維持しました。Aクラスの賃料はわずかに低下し、1平方フィートあたり60.12ドルで当四半期を終えましたが、2018年第3四半期の市場の高値である61.35ドルから1ドル以上低下しました。

空室率
需要の減少が続いた結果、空室率は9四半期連続で上昇し、第3四半期は16.9%となりました。わずか3年間で空室率は450ベーシスポイント上昇し、2020年初頭からは250ベーシスポイント以上も上昇しています。Bureau of Land Managementの本部が同地区に戻ってくるという同地区にとっての朗報にもかかわらず、商業施設の空室率にプラスの影響を与えるとは考えられません。同局はGSAの傘下にあるため、連邦政府が所有するスペースに移転することが予想され、商業施設の空室にはほとんど影響しないと思われます。 

 

本レポートの原文は、10月4日付けで発表された「Washington DC Office Report Q3 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


WashingtonDC office 2021Q3

米 Washington DC Office Report Q3 2021

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示