メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

北米 キャピタルマーケット・スナップショット 2021年 Q2

レポートをダウンロードする
NOrth America Capital markets

コリアーズ・インターナショナルの米国、カナダから発表された2021年Q2のキャピタルマーケットレポートです。

北米(米国、カナダ)の投資売買市場は正常な状態に戻りつつあり、1年間の不確実性の後ではポジティブな兆候です。多世帯住宅と産業用物件は、依然として取引量の多い投資対象です。第2四半期に米国で取引された金額は1,367億米ドルで、2020年の水準から186%増加し、パンデミック前の2016年から2019年の四半期平均を上回っています。カナダでは、前年同期比84%増の83億カナダドルが取引されました。オフィスは長期的な投資シェアのトレンドを下回って推移しており、市場にはまだ成長の余地があることを示しています。キャップレートは資産クラス全体で圧縮され続けており、価格は全体的に上昇しています。

本レポートの原文は、8月16日付けで発表された「Capital Market Snapshot North America Q2 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。

 


NOrth America Capital markets

北米 キャピタルマーケット・スナップショット 2021年 Q2

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示