メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

ロンドン・オフィス・スナップショット 2021 10

レポートをダウンロードする
LondonOffice1021

コリアーズ・インターナショナルの英国で発表されたロンドンのオフィスについてのレポートです。

  • ロンドンのオフィススペースに対する需要は、引き続き改善しているものの、より質の高いスペースに偏っています。
  • 入居状況は業界によって異なり、市場に特化した事業はオフィスに健全に戻ってきていますが、リモートワークやハイブリッドワークが主流となっている業界もあります。
  • 中古物件の供給力は依然として高いものの、当面はテナントスペースの放出が鈍化しており、一部では再吸収の動きも見られます。
  • ヘッドラインの賃料水準は依然として堅調で、供給が逼迫している中で品質に対する需要が高まっていることから、2022年には上昇すると予想しています。
  • 投資額はまだトレンドを下回っていますが、最終四半期には1億ポンド以上の買収案件が相次ぎ、活発な動きが予想されます。

本レポートの原文は、10月25日付けで発表された「London Offices Snapshot October 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


LondonOffice1021

ロンドン・オフィス・スナップショット 2021 10

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示