メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

グローバルキャピタルマーケット 不動産インサイト 2021年11月

レポートをダウンロードする
Global  CM 11 2021

コリアーズ・インターナショナルの英国で発表されたレポートです。

前四半期の市場動向から、資産動向、価格動向の予想、今後の機会など、グローバルな不動産に関する最新の洞察をご紹介します。

世界の資本市場では勢いが続いており、年初来の取引量は前年同期比で25%増加しています。
接種率が高く、ロックダウンの制限が少ない国は、回復スペクトルの最上位に位置しています。
産業・物流および集合住宅の分野では、3つの地域すべてにおいて、年初来の活況が見られます。
すべての資産タイプの不動産価格は、EMEAとAPACのホテルを除き、安定しているか上昇傾向にあります。

 

本レポートの原文は、11月22日付けで発表された「Global Capital Markets Insights November 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Global  CM 11 2021

グローバルキャピタルマーケット 不動産インサイト 2021年11月

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示