メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2022年 欧州EMEA 世界の投資家の見通し

レポートをダウンロードする
Investor outlook11_21

コリアーズ・インターナショナルのEMEAから発表されたレポートです。

2022年 欧州EMEA 投資家予測レポート

コリアーズが毎年行っている投資家心理の詳細な調査、「2022年グローバル投資家展望」レポートが公開されました。
2022年グローバル投資家予測レポートは、コリアーズが毎年行っている投資家のセンチメント、戦略、および世界中の不動産市場を形成する力についての詳細な調査です。コリアーズの調査結果は、世界中の300人以上の投資家を対象とした集中調査と、各地域のキャピタルマーケットリーダーとの詳細なインタビューに基づいています。グローバルな資本が戻ってきた! 投資家は、2022年の経済成長見通しに強気であり、パンデミック関連の不確実性が完全には解消されていないにもかかわらず、不動産への高いアロケーションを維持する意向である。より多くの投資家が、環境要因を戦略に組み込むことで資産の将来性を高めようとしており、大都市圏の質の高いオフィス資産は高い需要が見込まれます。
EMEAの地域別レポートは以下からダウンロードできます。

EMEA地域の主な調査結果
・グローバルな資本が戻ってきました。EMEAの投資家の81%は、2022年の経済成長見通しに強気である。
・主要都市の中核的なオフィススペースへの投資と、老朽化して改修が困難、またはコストがかかるコンプライアンス違反の資産の処分が、2022年の投資家の2つの重要な戦略となる。
・投資家は、ロンドン(45%)やパリ(30%)などのTier1都市のトロフィー型オフィス資産を求めています。EMEAでは、67%がコア・プラス・オフィス、63%がコア・オフィス資産への投資を検討しています。
・需要は供給を上回っており、ESGコンプライアンスを考慮すると、コアへの競争が起こり、2022年中に価値が最大10%上昇することが予想されます。
・75%近くの投資家が、資産の将来性を確保し、ステークホルダーからの気候変動に関する質問に対応するために、環境要因を戦略に組み込んでいます。ESGの要件が高まるにつれ、投資家は、老朽化し、改修が困難でコストのかかる非準拠の資産を、皆が同じことをやり始める前に処分したいと考えるようになるでしょう。
・当社が調査した投資家の80%は、建設コストの上昇が大きな懸念材料であると回答しています。新築から改修、改装プロジェクトに至るまで、実行可能な製品の供給に影響を与える可能性があります。一方で、70%の投資家は、良質なストックが不足していることから、賃料の上昇を楽観視しています。

本レポートの原文は、12月8日付けで発表された「2022 Global Investor Outlook – EMEA Insights | November 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


Investor outlook11_21

2022年 欧州EMEA 世界の投資家の見通し

レポートをダウンロードする