メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

APAC キャピタルマーケット市場レポート

レポートをダウンロードする
APEC CM Q2 2021

コリアーズ・インターナショナルのAPACが発表した2021年Q2のキャピタルマーケット市場レポートです。

商業用不動産には多くの投資機会

今年の初め以来、政府が困難な環境を管理するために動的な構造的政策を採用したため、世界経済は徐々に回復してきました。これに対応して、投資活動の急増、特に商業用不動産市場に見られるように、投資市場は上昇傾向にあります。Real Capital Analytics(RCA)によると、アジア太平洋地域の不動産投資市場は2021年の第2四半期も回復を続けており、取引量は3四半期連続で増加し、400億米ドルに達しました。世界経済の回復は今後数ヶ月で勢いを増すと予想され、世界銀行は今年の世界成長率が5.6%に達すると予測しています*。これは景気後退後80年で最速のペースです。これにより、流動性の膨らみと需要の停滞の両方に牽引されて、商業用不動産資産の需要が高まると考えています。嵐が吹き荒れるにつれ、商業用不動産投資市場には多くの機会が表面化しました。今後の重要な投資動向と投資機会のポケットがどこにあるかについて詳しく知るために読んでください。

 

本レポートの原文は、7月22日付けで発表された「Capital Market Snapshot APAC Q2 2021」です。

※翻訳の正確性は保証できません。原文をご参照ください。


APEC CM Q2 2021

APAC キャピタルマーケット市場レポート

レポートをダウンロードする
関連エキスパート

Masahiko Kawauchi

Director

Capital Markets & Investment Services

東京本社オフィス

10 years experience  of  Alternative Investment Structure Sales and Product manager at Deutsche Bank Group (DWS, RREEF), including  Hedge Fund, RE Fund, REIT, Infrastructure Fund, PE Fund etc.

More than 15 years experience  Global  Bond Sales  to  Japanese Financial Institutions,  was Head of NonYen Bond Sales at Lehman Brothers Tokyo, Banque Paribas (BNP Paribas), S.G. Warburg, Merrill Lynch.

エキスパートを表示