メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2020年1月 | アジアマーケットの展望 2020

レポートをダウンロードする
GenericCity02Hero1536x1040

アジア不動産市場の見通しが改善 - 新興都市にかかる巨大経済圏の出現と長引く低金利が景況感を後押し

殆どのアジア市場は景気減速しているが、中・印の成長率はまだ絶対値としては高く、中国の 見通しは底打ちしつつある。最近は前向きな報道も散見されるものの、依然として米中貿易摩 擦はくすぶり続けるだろうと予測される。 アジアでは、国家同様に、都市の成長力が決定的な要因である。2020年~2024年にかけて、印のバンガロールとハイデラバードはアジアで最も急成長を成し遂げた都市として一1位と3位になり、中国の深圳と広州の都市別GDP成長率も、域内平均、国内平均をともに上回る見通し。

 


2020年1月 | アジアマーケットの展望 2020

レポートをダウンロードする