メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2019年7月|フレキシブル・ワークスペース アウトルック・レポート 2019 APAC 

レポートをダウンロードする
Workspace06Hero1536x1040
2019年はフレキシブル・ワークスペース・セクターが新たな展開を見せました。このセクターがそもそも何であるか、そしてビル持主やテナントに対して企業単位で提供できるものは何であるかなど、従来の概念からはかけ離れた資産クラ スとして主たる不動産としての地位を徐々に確立しつつあります。フレキシブル・ワークスペースにおいては、ワークスペースとアメニティの境界線がさらに曖昧になり、ビル持主にも新たな価値をもたらすことでしょう。そして、ワークスペースによりプレミアム感のあるデザインを採用しつつ、テナント、そしてより重要となるそこで働く従業員に向けた新たな商品を開発し続けてていくだろうと見ています。テナント側の需要が様々に変化しているため、ビル持主もこれに対応する必要があります。この一環として、ビル持主はフレキシブル・ワークスペースとアメニティを自社で提供するのか、または運営者を買収、これに投資、もしくは提携すべきか、という決断を迫られていくようになるでしょう。この決断は、そもそもビル持主が取引型のビジネスからサービス&ホスピタリティ型のビジネスへ移行する意向があるかどうかにかかっているとも言えるでしょう。将来の不動産はより体験に基づいたサービスを志向するようになり、第三者間取引や軽いタッチで行われる取引が主流であった従来型の時代はやがて終焉を告げるでしょう。こういった背景からも、2019年は、従業員個人レベルでのユーザー・エクスペリエンスが商業不動産の意思決定を左右し始めていく重要な年となるでしょう。 

alt=""

2019年7月|フレキシブル・ワークスペース アウトルック・レポート 2019 APAC 

レポートをダウンロードする