メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

2019年1月|ブレグジット・プロパティへの影響

レポートをダウンロードする
GenericRE02Hero1536x1040
英国の経済は、1世代に1度の政治的衝撃と捉えられている状況をある意味耐え忍んできた。それでも主要なGDP関連データを 見ると、離脱投票後の2四半期は景気拡大が加速し16年第2四半期は前年比1.8%増だったのが、17年第1四半期には前年比2.1%増となった。しかしその後経済は停滞した。18年第1四半期の前年比は、冬の悪天候の影響で1.2%に低下したが同年第2四半期は前年比1.4%に回復した。この景気回復への道のりは、景気サイクルの力は、どのような政治的衝撃と比べても同じくらいに強力なものであり続けていることを示している。ポンド下落と輸入インフレに起因した実質賃金と消費の低下が、投票後の景気を理解するための全てのカギとなるが、これらトップレベルの経済指標の数字だけでは、微妙な特徴は分からない。もし英国経済を基礎経済に基づき-実体経済とバランスシート経済-に二分すれば、ブレグジット投票の影響はより明確に見えてくるだろう。 

GenericRE02SearchCard1024x927

2019年1月|ブレグジット・プロパティへの影響

レポートをダウンロードする