メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

Be enterprising: バリュエーション&アドバイザリーサービス |ディレクタ―| 廣木 耕治

Hirokisan 1536 1040

お客様の成功を加速させるために、企業家精神をもって、期待以上のサービスを提供することをいつも意識しています

 

Colliers Japan バリュエーション&アドバイザリーサービスの廣木 耕治を紹介します。


鑑定という仕事に興味を持ったきっかけとコリアーズに入社した経緯を教えてください

新卒で不動産ディベロッパーに入社し、そこでマンション営業から、プロジェクトマネージャーになり、マンションの値付けなどにかかわることになりました。この値付けの業務がとても面白いと感じ、もう少しこの業務に取り組みたいなと思い、この業務に近い仕事を調べました。そして、不動産鑑定士がこの仕事に近いことを知り、不動産鑑定士を目指すことになりました。

不動産鑑定士試験に合格後、14年ほど前に鑑定事務所に転職しました。オフィス、レジデンス、物流からホテル、商業施設のほか、ゴルフ場や老人ホームなど、さまざまなアセットクラスの鑑定を行うことができ、様々な経験を積むことができました。しかし、その事務所が規模大きくなってきたことや、自身が管理職になったことなどもあり、もう少し規模が小さな会社であれば、現場も含めた鑑定全体の仕事ができるかなと考えていたところ、コリアーズにいた元同僚から声がかかりました。不安はありましたが、コリアーズでチャレンジしてみようと、1年半ほど前に入社を決めました。

仕事のスタンスやこだわりを教えてください

お客様は何らかの問題を抱えているため、私達に不動産鑑定等の依頼をされます。私達はその問題を解決するために問題を正しく理解し、不動産鑑定の知識、経験、判断力等を生かして解決する道筋を示し、解決するようにしなければなりません。そのためにはより良いコミュニケーションが必要不可欠だと考えます。良いコミュニケーションがあれば、お客様の真の問題を掘り起こすことが出来ます。そしてその真の問題を解決しなければ正しく理解や解決策を示すこと出来ずにお客様は満足や納得することがないと思われます。問題を解決した際には不動産鑑定の専門家として信頼を得ることができ、また、大きな達成感を感じます。

私が仕事を進めていく上で、最も大切にしていることは、“人間関係”です。問題解決と同様、良い人間関係を構築していくために、コミュニケ―ションがとても重要だと考えています。社内のコミュニケーションが良いと、一人一人のモチベーションが上がり、個人の能力のポテンシャルが上がります。それが会社の利益へとつながります。お客様とも日頃から良いコミュニケーションを築いていると、仕事の依頼が来るなど様々なメリットがあります。コリアーズのコアバリューのひとつである「人間関係に投資する」は、この私の考えに近いと思います。そして、コリアーズにはより良いコミュニケーションを取れる同僚が多いです。

また、私の仕事の軸になっていますのは、企業家精神です。鑑定士の仕事は、お客様との信頼関係がとても重要であります。企業に属しながらも、的確に判断し、自らが責任を負う覚悟でないといけないと思います。最初から最後まで、責任をもって仕事を行い、お客様に対して、期待以上のサービスを提供することで満足や納得していただけ、次の仕事にもつながると考えます。

コリアーズに入って、やりがいや新しいチャレンジだと感じたお仕事はありますか?

外資系ならではという点では、大使館の仕事や海外のクライアントの仕事が多く、クライアントと英語でコミュニケーションをすることが多くなりました。読み書きは問題ないのですが、今でも話すことはあまり得意ではないと思います(笑)。

コリアーズの職場環境で気に入っていることはありますか?

コリアーズの日本オフィスのエントランス周辺のカフェのような空間が好きですね。フリーアドレスなので、異なる部署の方が隣に座っていたり、オープンな感じがして、外資系ならではの自由で洗練された感じがします。

オフィスと在宅勤務のハイブリットな働き方も気に入っています。鑑定の業務は在宅勤務と親和性があり、現在の出勤は週1~2回程度です。5人のチームメンバーとは、週1回のミーティングの他に必要に応じて、随時電話やオンラインミーティング、メール等で連絡を取り合っていますので、十分にコミュニケーションが取れています。

働くときは仕事に集中する一方で、平日の自分の時間や休暇はしっかりとれているので、ワークライフバランスはとてもよいですね。


関連エキスパート

廣木 耕治

ディレクター

Valuation and Advisory Services

東京本社オフィス

不動産鑑定業界で14年以上の経験を有し、オフィス、住宅、商業施設、ホテル、物流施設、土地等に関する評価を行っている。

 

エキスパートを表示