メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

インダストリアルリーシングサービス|ディレクター |  齊藤 悠太 

Yuta Saito 1536 1040

新しいことにチャレンジすることが好きで、そのチャレンジを後押ししてくれるエンタープライズ精神を大切にするコリアーズの文化が自分に合っていると思います。


人との出会い・ふれあいが好きで、長期的なつながりを大切にしながら、こよなく山登りを愛するインダストリアルリーシングサービスのエキスパート、齊藤 悠太をご紹介します。 


コリアーズで働いている理由を教えてください。

  インダストリアルリーシングサービスの立ち上げに携わることができ、自身のチームが持てることに魅力を感じて入社しました。私のキャリアは、オフィスリーシングからスタートしましたが、その後、インダストリアルリーシングの立ち上げを経験しました。新しいことにチャレンジすることが好きで、そのチャレンジを後押ししてくれるエンタープライズ精神を大切にするコリアーズの文化が自分に合っていると思います。また、部署間の垣根が低く、コミュニケーションがとりやすく、コラボレーションがしやすい環境も気に入っています。

インダストリアルリーシングサービスの仕事について、簡単に説明してください。

 主に物流施設を探すお客様に代わって、お客様のニーズに合った適正な場所を探すこと、もう一つが、物流施設を持つオーナー様から依頼を受けてテナントを発掘し、両者をマッチングさせることです。
お客様に最適な場所を提供するためには、まず、お客様の業務をより深く理解し、これまでどのような流れでビジネスを拡大し、これからどのような施設や設備が必要なのかを理解します。数ある施設の中から、お客様に最も適正な設備・立地の提案を行っています。
 インダストリアルリーシングサービスは、お客様のビジネスに大きく関係し、企業の社長や幹部の方々と直接やりとりすることが多く、仕事を通して様々なことが学べます。単に賃貸スペースを仲介するだけでなく、お客様のビジネスの将来を考えて適切なスペースを提供しなければならないインダストリアルリーシング業務にとてもやりがいを感じています。
 このような仕事をしていることで、お客様から信頼を得て、長期的なお付き合いをすることとなり、新しいお客様も既存のお客様からの紹介していただいています。

1日の仕事の流れをえ教てください。

 1日仕事のパターンは2つに分かれます。一つは、外出中心の日。ほとんどの物流施設は遠方にあるので、外出の日は、事前にまとめてアポをとり、朝早くから家をでて効率よく回るようにしています。もう一つのパターンは、社内で集中して、資料や契約書の確認など事務作業を行います。

コリアーズでの仕事以外で情熱を注いでいることを教えてください。 

 登山です。山を登った時の達成感と景色は最高です。また、人との出会い・ふれあいが大好きなので、山ですれ違った人々との助け合い、声かけ、繋がりも山登りにはまる理由の一つです。目標は百名山の制覇で、数年かけて達成したいと思っています。
 登山を始めたきっかけですか?実は、インダストリアルリーシング業務を通して、お客様に美味しいお店に連れて行っていただくことが多く、体重が増え、健康管理のために始めました(笑)登山のできない冬場は、スノーボードで山に行って身体を鍛えています。

 


関連エキスパート

齊藤 悠太

ディレクター

Occupier Services | Leasing Services | Industrial

東京本社オフィス

2013年より、日系大手不動産サービス会社にて、都内オフィスビルと物流施設の賃貸仲介営業を担当。その後、2016年に外資系不動産サービス会社に転職し、物流施設の賃貸仲介を専門に従事する。首都圏の取引を得意とし、テナントの物件選定から移転までのアドバイザーだけでなく、オーナーに対して、テナント獲得を目的としたリーシングマネジメントも手がける。大型マルチ型物件から小規模物件まで様々なアセットに対応し、2017年以降の約5年間で50件程の取引を成立させた。2022年5月インダストリアル・リーシングの立ち上げとして、コリアーズ・インターナショナル・ジャパンに移籍。

エキスパートを表示