メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

マネージングディレクター兼会長| 小笠原 行洋

毎日が挑戦と興奮の連続で、エンタープライズ精神に富んだ社員と一緒に仕事を楽しんでいます。


日本の代表であり、不動産業界で40年以上の経験を持つエキスパート、小笠原 行洋を紹介します。

コリアーズで働いている理由を教えてください。

私がコリアーズで働く理由は、コリアーズのビジネスの可能性を日本で大きく成長させ、規模を拡大する素晴らしい機会を得たからです。
コリアーズを日本のマーケットでトップ3の不動産サービスプロバイダーにすることが私の目標です。毎日が挑戦と興奮の連続で、特にプロフェッショナルで協力的、エンタープライズ精神に富んだ社員と一緒に仕事ができることを楽しんでいます。

 

コリアーズでの仕事以外で情熱を注いでいることを教えてください。

仕事以外では、ガーデニングと、家内と一緒に毎週末ジムに行き、トレーナーに個人レッスンを受けています。おかげで筋肉が少しつきました(笑)。 



関連エキスパート

小笠原 行洋

マネージングディレクター兼会長

東京本社オフィス

 

日本におけるマネージングディレクター兼会長として、コリアーズの東京と大阪オフィスを統括。

40年以上にわたる不動産ビジネスの経験を有しており、直近まではCBREキャピタルマーケット部門の副会長として不動産売買仲介部門を統括した。

当該部門のチームビルディング、国内外投資家への案件ソーシング、ストラクチャリング・ファイナンスに加えオフィス、ホテル、住宅の売買や不動産開発・運営分野で豊富な経験を擁している。

CBRE以前は、住友不動産株式会社にて同社のカリフォルニア関連会社を経て同社ニューヨーク現地法人の責任者に就任し、大型不動産案件を取得。帰国後は、同社海外事業部門のゼネラルマネージャーとして海外事業を統括し、その後、住友不動産販売株式会社にて事業用不動産売買仲介業務を担当および住友不動産投資顧問株式会社の取締役も務める。さらに、いちごグループホールディングス株式会社にて執行役副社長、上席執行役不動産事業部長を兼任。同社では不動産調達取得業務を統括する傍ら、大阪オフィスの責任者も務める。

エキスパートを表示