メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

アウトバウンドサービス|エグゼクティブディレクター| 岩瀬 弾

社内の各サービス部門とコラボレーションをしながら仕事ができることが、コリアーズで働く理由のひとつです。


大手グローバル企業をクライアントに持ち、コリアーズで25年以上にわたり商業不動産サービスに携わってきた、アウトバントサービスのエキスパート、岩瀬 弾をご紹介します。

 

コリアーズ・ジャパン設立前の業務委託時代(フランチャイズ)から計25年以上、コリアーズで働いていますが、長くコリアーズで働いている理由を教えてください。

日本のコリアーズは、競合他社に比べて規模が大きくありません。規模が小さいこともあり、縦割りではなく部門を横断した横に広がるコラボレーションをしながら仕事をすることができ、このコラボレーションがサービスの差別化につながっています。この5年間はアウトバンドサービスを中心に仕事していますが、僕の基盤はテナントレップであり得意分野でもあるので、この業務も続けていきたい。現在は、キャピタルマーケット&インベストメントサービス(CMIS)のアウトバウンド部門に所属していますが、所属する部門に縛られずに自分が出来る仕事を「エンタープライズ精神」をもってやらせてもらえることが、コリアーズで働いている理由のひとつです。

アウトバンドサービスについて、簡単に説明してください。

アウトバンドサービスとは、日本企業の海外における開発、売買、賃貸、鑑定、市場調査などあらゆる不動産ニーズに対応します。現在の主要サービスは、日系デベロッパーの住宅開発事業のコンサル業務とアドバイザリー業務です。具体的には、開発のための現地パートナー企業探しから合弁会社(JV)の設立、JV会社設立後の開発完了までをサポートします。実際、今日現在複数社にこのサービスを提供しています。この業務は競合他社にはないコリアーズ独自のサービスです。

印象に残っている取引やプロジェクトを教えてください。また、その成功の理由を教えてください。

アウトバンドサービスの礎となった某日系大手不動産会社のタイで現地住宅開発デベロッパーとの合弁住宅開発事業です。この第1号案件は2016年12月にタイのバンコクで合弁事業契約を締結し、この後、現在(2022年5月末日)までに30件弱の合弁事業が成立し、その全てに携わっています。クライアントの目標・目的・ゴールを深く理解し、コリアーズのグローバル・プラットフォームを最大限活用したことが成功の理由です。

コリアーズでの仕事以外で情熱を注いでいることを教えてください。 

筋トレです。コロナ禍でちょうど1年ほど前に始めたのですが、血圧が落ち、体のあらゆる数値がよくなりました。
ピークの時期は甘いものも取らず、食事制限もしていました。おかげで健康になり、運動の大切さを実感しています。

 


関連エキスパート

岩瀬 弾

エグゼクティブディレクター

Capital Markets & Investment Services | Outbound Services

東京本社オフィス

Hazumu is highly experienced in leveraged renegotiations for large commercial office related leasing projects.  He has over 20 years of experience with Colliers working for large multinational and domestic companies, advising and assisting them with their short-term and long-term real estate strategies.  Along with being a native Japanese speaker, Hazumu is fluent in English.
He also focuses on strategic alliances and corporate solutions for Japanese firms with outbound real estate requirements which is including in development/investment.  

エキスパートを表示