メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

ケーススタディ | MOSAIC BOX : バリュエーション

当社のエキスパートによる共同チームが、業界最高水準のアドバイスを提供します。

所在地 (都市名)

資産形態

取引年月日

サイズ (Sqm)

兵庫県川西市

ショッピングモール

2021年9月30日

11,438

クライアント: SitusAMC

提供したサービス: 財務報告のための公正価値評価

ロンドンのEMEAバリュエーションチームは、California State Teachers' Retirement(以下、CalSTRS)の代理人であるSitusAMCのために、日本のローカルオフィスと連携して上記の不動産の評価を行いました。この物件は、大阪の北に位置する川西市にあり、地権者が所有するショッピングモールで。設計は株式会社アール・アイ・エー、施工は株式会社間組と株式会社荒井組が担当し、1995年に竣工しました。

 

延床面積は11,438㎡で、地下1階、地上4階建てのフリーホールド物件です。

 

課題

コリアーズは、クライアントとの信頼関係から、この評価業務を任されました。コロナの発生は、日本中の小売業に劇的な影響を与え、特にショッピングセンターは大きな打撃を受けました。2020年2月から売上が減少し始め、4月には売上高が前年比約80%減と過去最大の減少幅となりました。2021年、日本では売上高が前年比プラスに転じ、個人消費は力強く回復しています。

 

戦略

マーケット・アプローチにより、同規模・同質の最近のショッピングモール売買取引を分析しました。各比較対象物件と本物件との類似性を検討し、本物件の公正価値の意見書を作成しました(この意見書は機密です)。

 

このプロジェクトの詳細については、当社のエキスパートである James Moy Noriko Hattoriにお問い合わせください。また、バリュエーションとアドバイザリーサービス専門家が、不動産評価と不動産投資アドバイザリーのエキスパートとして、お客様の不動産価値の最適化をお手伝いする方法についてもご紹介しています。

 

クライアントのサクセスストーリーや エキスパートによるソートリーダーシップはこちらでご覧いただけます。

所在地 (都市名)

資産形態

取引年月日

サイズ (Sqm)

兵庫県川西市

ショッピングモール

2021年9月30日

11,438


関連エキスパート

服部 紀子

ディレクター

Valuation and Advisory Services

東京本社オフィス

不動産鑑定歴:15年以上。 J-REIT、私募REIT、私募ファンド(オフィス、住宅、商業施設、ホテル、物流、更地、開発案件、老人福祉施設等)などの証券化評価、事業会社の資産評価等に従事。特にホテルについては、各ホテルタイプ(リミテッドサービス、フルサービス、ラグジュアリーホテル等)の評価経験を多数有する。

エキスパートを表示