メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

7月1日(金) 物流施設リーシングサービスに本格参入

Industrial web1

    大手総合不動産サービス・投資運用会社であるコリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社(代表:小笠原 行洋、本社:東京都千代田区、NASDAQおよびTSX:CIGI)は、7月1日(金)、日本における物流施設のリーシングサービスに本格参入いたします。

 

    昨今、サードパーティーロジスティクス(3PL)の急拡大やインターネットの普及によるeコマース・通販ビジネスの急成長に伴い、サプライチェーンの多様化に応える最新鋭の物流施設へのニーズが高まっています。世界62カ国に拠点を置くコリアーズでは、グローバルネットワークと連携したサービスを提供するほか、長年培ってきた物流に関する豊富な実績とノウハウ、総合不動産プロバイダーとしての総合的なサービス力を活かし、日本におけるテナント向け賃貸借アドバイザリーから、オーナー・投資家向けのリーシング・マーケティング調査まで、付加価値の高い様々な物流施設リーシングサービスを提供してまいります。

 

 

■主な業務内容 

 

テナントサービス

•関東近郊エリアの賃貸倉庫情報のシェアリング

•移転・新規開設向け 物件探しサポート

•実現性の高い契約条件アドバイザリー

•荷主企業とのマッチング(寄託相談案件) 

 

オーナー・投資家向けサービス

•リーシングマネジメント(テナント誘致)

•適正賃料コンサルティング

 

コリアーズ・インターナショナル・ジャパンのリーシングサービスは、オフィスリーシングとして2018年に設立。首都圏・大阪地区を中心に、テナント向け及びオーナー向けリーシングサービスで取引を拡大してきました。今回本格参入する物流施設のリーシングサービスは、主にアジア太平洋地域のコリアーズの各拠点と連携し、事業拡大を目指します。

 

 

<報道関係者からのお問い合わせ>

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社

マーケティング&コミュニケーション

北川 弘美

 

 


関連エキスパート

齊藤 悠太

ディレクター

Occupier Services | Leasing Services | Industrial

東京本社オフィス

2013年より、日系大手不動産サービス会社にて、都内オフィスビルと物流施設の賃貸仲介営業を担当。その後、2016年に外資系不動産サービス会社に転職し、物流施設の賃貸仲介を専門に従事する。首都圏の取引を得意とし、テナントの物件選定から移転までのアドバイザーだけでなく、オーナーに対して、テナント獲得を目的としたリーシングマネジメントも手がける。大型マルチ型物件から小規模物件まで様々なアセットに対応し、2017年以降の約5年間で50件程の取引を成立させた。2022年5月インダストリアル・リーシングの立ち上げとして、コリアーズ・インターナショナル・ジャパンに移籍。

エキスパートを表示

河野 哲太郎

アソシエイトディレクター

Occupier Services | Leasing Services | Industrial

東京本社オフィス

前職のジョーンズラングラサール株式会社(JLL)では、インダストリアルリーシングの職務に就き、物流会社様の新規拠点の開設、移転プロジェクトのサポートに従事。

JLL以前は、椿本興業株式会社にてマテハンシステムを取り扱う装置営業部に所属し、自動倉庫やロボット、コンベヤ等の納入実績有り。

エキスパートを表示

原 昂史

シニアマネージャー

Occupier Services | Leasing Services | Industrial

東京本社オフィス

新卒から不動産業界に携わり、オーナー・テナント共に様々なコネクションを持つ。

2022年6月よりコリアーズのインダストリアルリーシングチームの一員となり、専門的な業務に従事する。

エキスパートを表示