メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ
川井 康平 | Colliers | 東京本社オフィス

川井 康平

ディレクター&ヘッド

Research

今すぐ電話する
表示を減らす

概要

職務要約

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社のリサーチ部門のディレクター兼ヘッドとして、日本のリサーチチームをリードするとともに、クライアントや社内の関係者と密接に連携し、地域全体で当社のサービスを横断する広範な領域において、正確、実践的かつ戦略的なリサーチを主導する。

大学院にて修士号取得後、2004 年に株式会社ザイマックスに入社し、同社の事業の拡大の最前線で不動産に関する幅広い業務領域に従事。2014 年に同社のシンクタンク部門であるザイマックス不動産総合研究所の主任研究員に就任。5 年以上にわたり、主に不動産マーケットデータの分析および社内外への発信に従事したほか、データ分析を所管するチームを率いて、同社グループ各社の事業におけるデータ分析を担い、事業戦略の立案や経営判断に貢献した。

また、2019年から2021年まで、東京大学空間情報科学研究センター協力研究員を兼任し、多数の学術的な研究プロジェクトにも参画した。

リサーチ以外での経験として、不動産の管理運営、開発プロジェクト、投資運用の実務担当者、マネジャーとして 10 年以上の経験を有する。オフィスビルのオーナーや金融機関に対する資産有効活用コンサルティング、郊外型ショッピングセンターおよび都市型商業ビルの開発プロジェクトマネジメント、私募ファンドのアセットマネジメントおよびディスポジション、海外機関投資家からの国内ファンドへの投資誘致などの実務を経験し、不動産関連の幅広いバックグラウンドを有している。

学歴

早稲田大学大学院 理工学研究科 建設工学専攻 工学修士
早稲田大学 理工学部建築学科 建築学学士

免許・資格

  • 宅地建物取引士
  • 不動産証券化協会認定マスター

 

注目の調査結果

12 15, 2022

オフィス新規供給|2023年~2027年の新規供給の見通し|東京主要5区・大阪市中心部

12月15日、「オフィス新規供給|2023年~2027年の新規供給の見通し|東京主要5区・大阪市中心部」を発表しました。当レポートは、コリアーズ・ジャパンが、東京主要5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)のグレードAオフィスビル※1と大阪市のグレードAオフィスビル※2の新規供給量※3の見通しについて独自に収集したデータに基づいて分析したものです。
続きを読む
11 9, 2022

大阪オフィスマーケットレポート 2022年第3四半期(7‐9月期) 大阪中心部・グレードAオフィス

11月9日、「大阪オフィスマーケットレポート|2022年第3四半期(7‐9月期)大阪中心部・グレードAオフィス 」を発表しました。当レポートは、コリアーズ・ジャパンが、大阪市のグレートAオフィスビル※1の賃貸オフィス市況と今後の見通しについて、当社が独自に収集したデータに基づいて分析したものです。
続きを読む
11 2, 2022

東京オフィスマーケットレポート 2022年第3四半期(7‐9月期) 東京主要5区・グレードAオフィス

2022年7〜9月期の東京都心5区の賃貸オフィス市場では、大型の新規供給があったものの、回復傾向にある需要に支えられ、空室率は小幅ながら低下しました。賃料水準は概ね横ばいで推移していますが、2023年には2022年の3倍以上の新規供給が予定されており、円安や物価上昇に伴う景気の不透明感も漂うなかで、短期的には空室率、賃料ともにトレンドの反転は見込みにくい状況です。
続きを読む
更に表示する

How can I help you?

* 必須フィールド