メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

ハイテク企業のサプライヤーダイバーシティを支援

5つのプロジェクトすべてで、顧客の多様な支出基準20%を上回りました。


ハイテク企業のサプライヤーダイバーシティを支援

歴史的に不利な立場にあるグループからの調達に長年取り組んできたこの大手ソフトウェアの企業は、特に近年の人種的不公正・不公平の増加を受け、世界中の顧客とコミュニティのダイバーシティ(多様性)を反映させるために、サプライヤー基盤の多様性のレベルアップに熱心でした。

そのために、コリアーズは屋内ワークスペースの建設プロジェクトでのダイバースサプライヤー支出の増加を目標として支援を行いました。ダイバーシティ指数は、建設費の総額に対するダイバーシティの対象企業に払われた金額の割合です。そこで、コリアーズのオキュパイアーサービスチームは、ダイバースサプライヤー支出の独自の戦略を3つ開発しました。
 

  1. 提携:コンサルタント、請負業者、下請け業者、ベンダー、サプライヤー、設置業者の採用候補をコリアーズが、確認します。サプライヤー支出の大半が一般的な請負業者と下請け業者への支出なので、ダイバーシティの対象でない一般的な請負業者をダイバーシティの条件を満たす請負業者と提携させます。
     
  2. メンター/プロテジェモデル:ダイバースサプライヤー支出の対象でない下請け業者に、対象である下請け業者の指導を依頼します。指導を受ける業者は、規模の大きなクライアントとの連携のチャンスや、作業工程や仕事の質の改善、競争力の維持などのチャンスが与えられます。
     
  3. ダイバース調達コンサルタント:多様性のある一般的な請負業者やマイノリティグループ専用の商工会議所がない地域で、地元の地域社会をよく知ったダイバース調達コンサルタントを雇い、ダイバースサプライヤー支出の対象である下請け業者を特定します。

5件のプロジェクトすべてで、ダイバーシティサプライヤー支出がクライアントが提示した20%を上回りました。自社の景気が良いと他社の景気もよくなることを認識できると、将来共に働く可能性のある企業がさらに増えるのです。

また、コリアーズはリースのブローカーとしてクライアントをサポートすることもできます。ダイバーシティは入札の重要な条件であるため、当社が企業と共同仲介を行い、企業に仕事の一部と手数料を割り当てます。