メインコンテンツにスキップ フッターにスキップ

ハイテクスペースでLEEDシルバー認証を獲得

コリアーズは、認証プロセスを指導し、独自のサステナビリティクレジットを推奨する上で重要な役割を果たしました。


ハイテクスペースでLEEDシルバー認証を獲得

メインメディカルセンターは、メイン州全体における三次医療病院に昇格し、より複雑な医療を要する患者に毎日対応しています。同センターでの施設のスペースが限界に達した際は、コリアーズが提案した近代化・拡張プロジェクトにより、患者から期待される専門的なケアをスタッフが提供できるようになりました。コリアーズのプロジェクトリーダーは、2023年完了予定のメインメディカルセンターの5億8,800万ドル規模のマルチフェーズプロジェクトの総合プロジェクトマネージャーを務めており、サステナビリティを念頭に作業を進めています。

このプロジェクトには、290,980平方フィートの入院用タワーの患者用個室と処置室の追加、外来患者用駐車場の225台分の駐車スペースの追加、クーロンファミリータワーの3階分の増築、110,000平方フィートのさまざまな専門分野の診療所の建築、2,450台分の職員用駐車ガレージの建設が含まれます。

合計4つのフェーズのうちの最初のフェーズのクーロンベファミリータワーの増築は、2021年10月にLEEDシルバー認証を取得しました。設計は進歩的なものでしたが、上階増築の現場作業不足が理由で十分なクレジットが得られず、認証の取得が難航しました。
 

  • 柔軟性のある設計:患者のニーズが変化した場合でも臨床施設の機能を維持できるという、LEEDのヘルスケア施設評価システム特有の評価事項。新型コロナウイルス感染症の大流行の直前に多目的スペースを設けることができたので、緊急の必要性にタイミング良く応じることができました。
     
  • 最適化されたエネルギー性能を実現する重要かつ強化されたコミッショニングと地域優先クレジット:高性能の建物の外皮に対する早期計画とクライアントの取り組みを行うことで、プロジェクトチームはこれらのクレジットの獲得を可能にし、外皮システムに最適なディテーリングと設置を確保することができました。壁システム、窓、屋根の品質の保証と管理が軽視されるとエネルギー、快適性、汚染物質の制御において長期的な問題が発生する可能性がある医療現場では、これは非常に重要なことです。
     
  • 健康的な建物、建築材料、環境製品の宣言:LEEDの新たな必要条件では、低放散材料の使用と環境製品の宣言が重視されています。恒久的な建造物には健全な建築材料が指定されました。また、コリアーズの支援により、不動産所有者は、購入した家具と医療施設用家具のほぼ半分を成分透明性のレベルが高いものにし、病院環境から有害な化学物質を排除した結果、屋内の空気の質の維持を図ることができました。
詳細はこちら