• Relocation of corporate office to the Hibiya district, outstanding base of international business, art, and culture is in line with strategic plan to expand Colliers’ business in Japan
  • Move aids transition to a new way of work as Colliers embraces activity-based working and positions itself as a talent magnet  
  • Sets up a head office at Hibiya Kokusai Building to support flexible work and cater to evolving needs of employees


Tokyo, 28 January 2019 – Colliers International (NASDAQ and TSX: CIGI), a global leader in commercial real estate services, is pleased to announce that it will be relocating its corporate office in Japan in February amid the firm’s rapid growth and as part of a dynamic regional workplace strategy initiative. 

The move will see more than 50 staff relocate from Colliers’ existing office in Shimbashi, where the firm has been operating from since 2017. To support flexible work and keep pace with the changing work environment. 

Mr. Katsuji Tokita (時田 勝司), Managing Director at Colliers International Japan, said, “This marks a major milestone in our journey to continue to build Colliers’ business in Japan and be at the leading edge. In addition, we seek to create a modern workplace that will not only help to boost productivity and spur collaborative work but also be a place that employees enjoy coming to. The way people work has become more mobile and flexible.

This will help to further strengthen our employee proposition and attract top talent to the firm. We are open to considering local branches in both Osaka and Nagoya in the future in tandem with our business growth.” 

The implementation of a new workplace strategy and activity-based working – including the provision of more collaborative, focus and engagement areas – within the new premise will enhance space utilisation and accommodate a higher headcount.  


Colliers’ Project PACE workplace strategy

The Japan office move is part of Colliers’ Project PACE, a regional initiative aimed at delivering productive, engaging and flexible work environments to embody Colliers’ culture of entrepreneurship, community and fun. Project PACE – an acronym for Productive, Active, Collaborative and Enterprise – seeks to drive activity-based work space design, agile work practices, collaboration, wellness and entrepreneurial spirit across the organisation. 


Accelerating growth and success in Japan

The upcoming office move marks an exciting 2019 for Colliers International Japan – a year where the firm continues to grow in prominence, brokering major real estate sales, office leasing, property management and leasing, as well as project management deals. 

Mr. Tokita added, “We understand that real estate needs have evolved in a dynamic global marketplace where business cycles are becoming shorter and technology as well as talent trends are shifting rapidly. In the past year, we have made several strategic hires to further deepen our expertise and broaden our service offerings in various business segments, including Tenant Representation, Capital Markets & Investment Services, Valuation & Advisory Service, Office Leasing Services and Project Management Services. We continue to seek talented individuals to join us as the firm looks to develop more bespoke integrated real estate solutions for our clients.”


New Office:

Hibiya Kokusai Building 5F

2-2-3 Uchisaiwaicho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 100-0011



2019年1月28日

 コリアーズ、本社オフィスを日比谷国際ビルに移転。 業務拡張を加速し、新しいワーク・スタイル創造の先駆けとなること目指す。

  • 国際ビジネス、アート、そして文化の中心地である日比谷地区へのオフィス移転は、コリアーズの日本におけるビジネス拡大戦略プランに合致している。
  • アクティビティ・ベースド・ワーキングを採用し、コリアーズは、新オフィス移転により、新しいワーク・スタイルへの移行を促進します。
  • 日比谷国際ビルでフレキシブルな勤務形態をサポートし、社員の変化するニーズに対応する。

総合不動産サービス大手のコリアーズ・インターナショナル(NASDAQ及びTSX:CIGI)は、急速な業務拡大の中、国内の職場戦略における取り組みの一環として、日本で本社オフィスを2月に移転する。

2017年以来、営業拠点であった新橋のオフィスから50名以上の社員が日比谷国際ビルの新オフィスに移転します。本社オフィスの移転により、社員のフレキシブルな勤務形態をサポートし、多様化するワーク・スタイルに対応していくことになります。

コリアーズ・インターナショナル・ジャパン株式会社 マネージング・ディレクターの時田勝司は以下のとおり述べています;「今回のオフィス移転は、コリアーズが日本でビジネスを継続し最前線にいるための一つの大きな節目となります。また、弊社は単に生産性を向上、共同作業を促進するだけでなく、出社することが楽しいと社員が感じるような現代的なワーク・スペースの構築を目指しています。現代社会の仕事の形態は以前より流動的でフレキシブルになっています。移転によって、社員の仕事効率の向上をはかり、さらに優秀な人材を会社に惹きつけることが可能となります。業務拡張に伴い将来的には大阪と名古屋に支社を開設することも検討しています。」

新しい職場戦略とアクティビティ・ベースド・ワーキング(協調、集中、没頭を促進するためのエリア提供を含む)を新オフィスで実現することにより、ワーク・スペースを有効活用することで、収容人数も増やすことになります。


コリアーズのプロジェクトPACE職場戦略 

日本オフィスの移転は、コリアーズがアジア地域で推進する“プロジェクトPACE”の取り組みのひとつでもあります。PACEとは「生産的」で「魅力的」かつ、フレキシブルな職場環境を構築するための取り組みで、コリアーズの起業家精神、コミュニティ、そして楽しさを具現化するためのものです。

PACEはProductive(生産的)、Active(活動的)、Collaborative(協調的)、Enterprise(企業)の頭文字をとったもので、アクティビティ・ベースド・ワークスペースの設計、機動的な業務形態、協調、健康、そして組織内の起業家的精神の促進を目指しています。

私達のチームは世代も違い、流動性が高く、非常に優れた業績も残しており、職場もそれに見合うものにする必要があります。新しいオフィスでは、ユニークな新機能やテクノロジーを統合し、社員が業績を上げ、協調し、可能性を最大限に引き出せるような生き生きとした職場環境の提供を目指します。

過去、私達は、移転プロセスをスムーズに行うために、変更管理とコミュニケーション戦略の設定におけるビジネス目標が指針となっていました。職場環境の設計とその実現の可能性は社員のニーズによって推進されるものです。テクノロジーとスペースの種類は協調、集中、生産性を促進するように設計されています。


日本での成長と成功の加速

来るオフィス移転によって、2019年はコリアーズインターナショナル・ジャパンにとって期待膨らむ年 - オフィス賃貸助言(テナントレップ)、不動産鑑定・アドバイザリー、不動産投資仲介(国内外)、プロジェクト・マネジメントを通して加速的に成長を続ける年となる見込みです。

コリアーズインターナショナル・ジャパン株式会社 マネージング・ディレクターの時田勝司は更に以下のように述べています;「ビジネスのサイクルが短くなり、テクノロジーや人材の動向も急激に変化するダイナミックな世界市場の中で、不動産のニーズが多様化していることが分かります。弊社はこれまで、様々なビジネス分野で専門性を深め、かつサービスの幅を広げるため、戦略的に人材を集めてきました。クライアントに対し、さらにテイラーメイドの総合的な不動産ソリューションを提供していくために、継続して有能な人材の採用を行っていきます。」


【新住所】

 〒100-0011
 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル5階