Industry Leading Research

Through our working relationship with our clients and our understanding of market and industry forces, we develop holistic macroeconomic perspectives.

歴史

日本でのスタート

コリアーズ・インターナショナルは、地方の意欲的な独立事業主からスタートしました。その後ワシントン州シアトルに本社を置く、全世界に396の拠点と15,000名以上の従業員を擁する組織へと進化しました。この成長の過程で、私達は当社の共通の価値感と意欲を共有するパートナーを常に求めてきました。

コリアーズの歴史

新しい都市での新しい会社

当社のルーツは、マコーリー・ニコルズが不動産、物件管理、及び保険の代理店としてカナダのバンクーバーで創設された1898年にまで遡ります。この時既に50社もの不動産会社が登記していました。その数は、食料品店の数を上回っていたのです!J.P.ニコルズがカナダロイヤル銀行に開設した銀行口座の番号は、8番でした。

パートナーシップの力

1904年、カナダロイヤル銀行の下級事務員だった16歳のロナルド・メイトランドが、マコーリー・ニコルズの事務員として雇用されました。メイトランドは1922年にパートナーとなり、会社は1927年には57,000ドルの利益を計上しました。マコーリー・ニコルズ・メイトランドは、堅実な財務管理と海上保険などのサービスの多角化が奏功して、バンクーバーの混沌とした不動産業界で生き延びた唯一の不動産会社となりました。

コリアーズ」ブランドの誕生

当社名称の起源は、1976年、オーストラリアで3つの不動産サービス会社が連携してコリアーズ・インターナショナルを創設した時に遡ります。これは、創設者のロバート・マクウェイグ、ビル・マクハーグ、ジョージ・ダンカンが師と敬った公認測量士、ロナルド・コリアーの名にちなんで命名されたものです。この写真は、1970年代後半に行われた当社の第1回全国営業会議で撮影されたものです。前列中央のダンカンは、コリアーズ・インターナショナルの初代ロゴとなったデザインのTシャツを着ています。

拡大を図った新リーダー

当社の第4代CEO、ジョン・マクラーノンがマコーリー・ニコルズ・メイトランドの指揮を執り始めました。マクラーノンは、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーとアルバータ州カルガリーで営業する年商150万ドルの地方企業を、その25年後である2011年には年商18億ドルに上るグローバル企業へと成長させました。

コリアーズ・インターナショナルはマコーリー・ニコルズ・メイトランドと合併し、地域の不動産会社からグローバルサービス企業へとシフトする中で先導的な役割を果たしました。これをきっかけとして「マコーリー・ニコルズ・メイトランド」の社名は「コリアーズ・マコーリー・ニコルズ」に変更され、その後「コリアーズ・インターナショナル」へと変わりました。ジョン・マクラーノンCEOは世界各地でパートナーシップを設立するよう指示し。

エベレスト遠征

1997年5月23日、2人のカナダ人登山家、アラン・ホブソンとジェイミー・クラークが、3度目の挑戦で遂にエベレスト登頂に成功しました。この探検隊のスポンサーとなったのは、世界各地で活動するコリアーズ・インターナショナルの営業拠点です。当社の数名のプロフェッショナルは、ベースキャンプで両登山家に合流し、彼らを応援しました。

強力な資本パートナー

ファーストサービス・コーポレーションがコリアーズ・インターナショナルの一部門であるCMN, Inc.に出資し、これにより当社は、プラットフォームを拡大してプロジェクト管理、ホスピタリティコンサルティング、査定及び鑑定サービスなどの補完的サービスをお客様に提供することが可能になりました。CMNは、コリアーズ・インターナショナルで最大のメンバーオーナ―となります。

ブランドの刷新と強化

「コリアーズ・インターナショナル」ブランドは統合され、全てのパートナー会社は単一のブランド名・目標・営業方針のもとで活動することとなります。全ての営業拠点は、グローバル社長兼CEO、ダグ・フライの指揮下にある6名の地域CEO(アジア、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ・中東・アフリカ、中南米及び米国)で構成される明確な経営体制下で管理されます。

英国とアイルランドの事業を統合

ファーストサービス・コーポレーションがコリアーズ・インターナショナルの英国とアイルランドの事業を買収した結果、2012年のコリアーズ・インターナショナルの収益の90%が単一所有権のもとで達成されました。この世界有数の金融市場からの照会により、新たなビジネスチャンスが拡大しています。

日本での足跡

日本でどのようにすべてがスタートしたのでしょうか

ご存知でしたでしょうか?

コリアーズ・インターナショナルは、日本において外資系企業で初めて宅地建物取引業の免許を取得した不動産コンサルティング会社です。

近年の認知度

過去6年間、コリアーズは国際アウトソーシング専門家協会のグローバル・アウトソーシング100にランクインしています。

日本